HOME >> 業務紹介 >> 冷間ロール成形機とは

冷間ロール成形機とは

 冷間ロール成形機が我国に初めて登場したのは、今から約40~50年前といわれ、戦後帯鋼製造技術の急速な発展で、その後第二次加工分野としての冷間ロール成形法は技術的に目覚ましい進歩を遂げました。
 用途は次に示すように多方面にわたり、量産を必要とする産業部門で幅広く使用されています。

冷間ロール成形機の各種用途

冷間ロール成形の可能性

冷間ロール成形法には次のように多くの特長があり、他の産業分野においても無限の可能性を秘めております。

1.同一形状の製品断面を連続生産できる。
2.断面の精度が良好で表面 性状が美しい。
3.生産スピードが速い。

さらにプレス・穴明・切欠・切断・溶接・自動送り等の前後装置を組み込むことにより

1.作業工程を大幅に短縮
2.製品の低コスト化・省力化に抜群の威力を発揮

資源不足の我国においては、今後増々加工度の高い機械を製造する必要があり、冷間ロール成形機ラインは、この目的に十分かなった装置であると自負しております。そのロール成形業界においてトップの位置にある我社も常に進化を求め、冷間ロール成形機の心臓部ともいえるロールについてもNC旋盤を導入し安定した品質の高い製品作りを可能とし、メンテナンスについても24時間体制を進め、これからもお客様のニーズに応えられるよう歩んでまいります。

上に戻る