HOME >> 業務紹介 >> 部署紹介

部署紹介

 創業以来、冷間ロール成形ラインのトップメーカーとしてロール、金型、機械装置、電気制御、全て自社製一貫生産体制を整え、「創造、開発」という目標を揚げて「技術のマコト」としてカセット式ロール成形、複合ロール成形など常に業界に先駆けた新しい提案を実現して参りました。
 今後、設備機械には増々適正コストと品質の安定が求められていきます。コンピューター導入によるメカトロ二クスの高度化とともに製造本来の物作り感性を大切にし、研究開発と人材教育に努め「信用第一」「奉仕精神」「積極挑戦」「創造開発」を理念として一貫生産体制のさらなる充実をし、お客様の望まれる品質、サービスに適確に応え、新たな提案をすべく精進してまいります。

加工1課

鋸盤やガス溶断にて素材の切断を行い、次に自動、手動溶接機により溶接作業を行い次部署にまわすまでの作業を行っております。
見た目は、大雑把なイメージを受けますが、加工部門では、始めの工程ということもありメンバー一丸となって、より良い製品づくりを常に心がけ、日々精進して参る所存でおります。
また、最近では作業環境にも気を配り、心身ともに健全な状態で仕事ができるように、こころがけて作業しております。「今後はさらに良い製品づくりを目指して」を合言葉に前進し続けます。
加工1課加工1課加工1課

s

上に戻る

加工2課

 フライス、マシニング、熱処理加工が中心で、小物から大型部品まで、幅広い加工を行っている部署です。仕事も幅広いですが、メンバーも年齢層に幅があり、とても個性が強い部署でもありますが、メンバーの全てが自分の仕事に責任を持ち、妥協をゆるさない厳しい目で、常に作業にあたるよう心がけております。
また常に目標を掲げ、安全作業・作業の効率UP・品質向上を目指し日々精進しております。今後は、熟練者の「技」を次の世代に伝承できるように進め、それ以上の技術習得の為に日々努力し、やりがいのある職場づくりを目指して行きます。
加工2課加工2課加工2課

上に戻る

加工3課

 加工3課では、横形マシニングセンタ、たて形マシニングセンタ、門形マシニングセンタ(5面加工機)を駆使し、ロール成形機やプレスまた金型などの精度要求が高 い部品加工を行なっています。98年の5面加工機が導入により、大形部品にも多種 多様な加工が可能になり、大幅な工程集約による加工時間短縮、品質向上が実現しました。個々の社員の能力の平滑化を図り、課内の情報の共有化が重要だと考えています。今後の更なる活用として、3次元加工にトライすべくテスト加工を予定しています。
加工3課加工3課加工3課

上に戻る

加工4課

 弊社の要でもある成形ロールの加工を中心に生産する部署になります。
成形品の良し悪しは、成形ロールの加工精度が大きな影響を及ぼすといっても過言ではないくらい大事な部署でもある為、成形ロールの加工には常に気を配り、最近では焼き入れ加工された製品をセラミック工具を用いて加工精度を高めることに成功し、より高精度な成形ロールを作り上げております。成形ロールの加工精度については、どこのメーカーにも引けを取らないと自負しております。
また、一度注文頂きました成形ロールについては、品番登録致しますので、次回注文の際には、スピィーディーな納入と正確さをお約束致します。今後も高品質の製品をお届けできますように心がけてまいります。
加工4課加工4課加工4課

上に戻る

加工5課

 切断金型・切欠き金型・穴あけ金型等ロール成形ラインに必要な金型を製作しております。
最近では、切断口の変形、バリ、刃物の消耗度等ユーザー様より求められる要求精度が高くなって行くなか、その要望を一つでも多く解消できるように、技術の向上に努めてまいります。金型のメンテについても、急なトラブルにも対応できるように心がけ、弊社の製品は、もちろん他社の製品についても対応できるように体制づくりをしています。
信頼されるものづくりを目指しメンバー一丸となって努力して参ります。
加工5課

上に戻る

組立課・制御技術課

 社内にて加工した部品を組み込み、ラインであれば、組立工場にて実際に配列し、実際に運転確認まで行います。
冷間ロール成形ラインはオーダー品がほとんどで、お客様の工場まで持ち込む前に、社内で運転調整を行い、確認後納入するので立上も早く済ませることができご好評いただいております。また時代に沿った品質向上を目指し、組込精度、ライン性能、品質の向上を目指し精進してまいります。
また、急なトラブルの出張作業、修理、他社製の製品の修理、オーバーホール等も承りますのでよろしくお願いします。
組立課組立課組立課

上に戻る

技術課

 ロール成形ラインには、成形ロール・冷間ロール成形機及びそれに関連する周辺設備機器金型があります。
その設計にあたる部門が、技術課になります。成形ロールについては、お客様の要望に出来るだけお答えできるように、今までの経験を最大限に生かし、精度を確保するだけではなく生産安定性も加味した形で設計するように心がけております。
また、冷間ロール成形機及びそれに関連する設備についても、使いやすく、将来拡張性に優れた製品になるように設計しています。金型に関しても、高品質を常に念頭におき、お客様に満足して頂けるものづくりに努めています。常に先を見据えて、進化し続ける部門でいることを第一に考え、精進してまいります。
技術課技術課技術課

上に戻る

生産管理課

 主に製造計画、外注管理を担当業務としております。お客様との仕様打合せを経て需要が確定してから、ライン構成の概要、おおよその設計予定、製作日数等を考慮して、数日中に計画します。課内はもとより全課全社員が一丸となって困難を乗り越えて目的を達成しています。
 現状に満足することなく業務を見直し効率化を進めることによってコスト削減による低価格化を実現するとともに、より精度の高い製品を作り出し、全国のお客様に喜ばれる「ものづくり」を心がけています。

上に戻る

営業部

 実際にお客様のところへ伺って、打合せをさせていただくのが営業部員です。行動力では、誰にも負けないと思っている者ばかりです。常時、北海道から沖縄まで、全国を駆け回って皆様の貴重なお話を聞かせて頂いております。
 顧客満足度ナンバーワンを目指し、お客様の「これをやってみたい」「これができたら」の声を「やれた」「できた」の声に変えられるようにいろいろな事を提案していきます。

上に戻る

総務部

 総務部は、幅広い業務に対応しています。事務全般から、社内美化、株主総会や社内イベントの準備、社員の健康管理まで、業務の種類も多種多様です。総務部では、原価計算も行なっています。当社は受注生産で、オーダーメイドで製作していますが、一品ごとの原価計算を取り入れております。
 今後は、事務効率のアップと経費削減につとめ、個々のレベルアップを図り、共通の意識の中で仕事が出来るよう、ミーティングや朝礼、終礼など話し合いの場を多く設けています。
 総務部は、企業の玄関口として会社を代表する顔でもあります。社風を大事にし、お客様の立場に立ち、喜ばれる応対をするよう心がけています。
総務部総務部総務部

上に戻る